事前に知りたい屋形船の豆知識

最新の屋形船情報まとめ

屋形船を予約した当日は、船宿と呼ぶお店に出掛けるか、船着き場に直接出掛けて乗船の手続きを行います。
当日キャンセルは全額設定にしているお店が多くありますが、悪天候などで出航が出来ない時にはキャンセル料金は掛かりません。
最近は受動喫煙などの社会問題からも禁煙を実施しているお店や施設が多くありますが、屋形船の場合には座敷で喫煙が出来るケースもあるので事前に確認しておくと便利です。
また、一緒に出掛ける人の中に車椅子を使っている人がいる場合でも、船宿のスタッフさんが乗船を手伝ってくれる所もあるので安心です。

屋形船の予約当日の動き

屋形船の予約当日の動き 屋形船の当日の動きは、船宿に到着した後に乗船と言う流れになります。
もし、当日キャンセルが必要になった時には船宿に早目に電話で連絡を行い、キャンセル料について確認しておくと安心です。
費用は船宿により様々ですが、予約時に銀行振り込みを行っている場合以外は、当日費用の支払いを行います。
屋形船に乗る人の中に車椅子の人がいる場合、船へのアプローチが出来る桟橋を使って、スタッフが手伝ってくれるので安心です。
ちなみに、船内を禁煙にしている船もあるので、予約を行う時に喫煙の可否を確認しておくようにしましょう。
尚、屋形船は一人から利用可能な乗り合い船もあるので、同僚同士の飲み会やカップルのデート、家族連れなど少人数で楽しむ事も可能です。

屋形船の予約当日が雨天だったら

屋形船の予約当日が雨天だったら 屋形船は今の時代ではかなり身近な乗り物となっており、日頃は見ることができない視点から景色を楽しむことができるのはもちろんなこと、美味しい料理も楽しめるなど様々なメリットがあります。
貸切などの場合には、あらかじめ予約をしておくことが必須となりますが、その際に気になるのは雨や風など天候が良くないときにはどうなるのかというところではないでしょうか。
屋形船による違いもありますが、基本的には屋根や窓があるので雨天でも運行となっています。
しかし、強風や台風、そひて大雨などの場合には出航を見合わせることもあるので気をつけましょう。
天気の都合で欠航となったときには、料金は発生しないことが大半ですが、事前にチェックしておくべきです。
船の需要が最も高くなるのは、やはり花火大会などのイベントの日ではないでしょうか。
その際に気をつけておかなくてはならないのが、雨で花火大会などのイベントが中止になっても、船は運行する可能性が高いということです。
花火を楽しみながら船に乗りたかったからといってキャンセルすると、それは利用者側の都合ということになるのでキャンセル料は発生してしまうので、予約をした以上はキャンセルしないように気をつけましょう。

お勧めの貸し切り屋形船関連サイト

貸し切りで屋形船を満喫できます

屋形船で隅田川を楽しむ