事前に知りたい屋形船の豆知識

大人数での利用は貸切りに

大人数での利用は貸切りに

大人数での利用は貸切りに 浮世絵などにも描かれる屋形船にノスタルジックな雰囲気や江戸時代を感じる人は多いと思いますが、屋形船は今の時代でも現役で活躍しています。例えば東京や京都、大阪などでも運航しています。ところで江戸時代などのイメージだと、木造の小船に小さな小屋を乗せただけのもので、船頭を含めて五名ぐらいしか乗れないのではと思うかもしれません。ですが今の時代の屋形船は、数十人から百名ほどが乗船出来るものになっており、ちゃんと動力も付いています。もちろん簡素な造りで数名乗りといったものもあります。さて、それだけ多くの人が一度に乗船出来るのであれば、忘年会や新年会など、貸切りで利用してみたいと考える幹事さんも居られると思います。実際、そういった利用も出来るようになっており、宴会を楽しめたり、芸者に来てもらって芸を披露してもらうことが出来る所もあります。色々な人が乗船する乗合のタイプだと宴会で派手に騒いだりすることも出来ないですから、大人数の場合は貸切りにした方がよいでしょう。

15人未満でも貸切り可能な屋形船

15人未満でも貸切り可能な屋形船 屋形船は、平安時代の貴族の船遊びを起源とする日本独自の娯楽文化であり、花火で知られる隅田川だけで無く品川や浜松町にも多くの船宿が営業していると共に名古屋や大阪及び福岡などの地域でも船宿が営業されています。その為、地域や船宿ごとに貸切料金が異なるだけで無く貸切条件などが異なっていましたが、屋形船の人気が高まっている現在では予約を代行するインターネット業者が数多く存在し相場が形成されているのが現状です。貸切りは、2時間30分の運行時間とアルコールとソフトドリンクの飲み放題及び食事代を含み1人あたり10,000円が基本的な相場とされ、イベントやお祝い時に利用する際には基本的なメニューだけで無くアップグレードしたメニューもあるので事前打ち合わせで料理や料金を希望に合わせて変更する事も出来ます。屋形船は、基本的に15名以上から貸切りが可能な船宿が一般的ですが、現在では15名未満でも可能な船宿も多くインターネットでは交渉を代行する業者も数多くあり身近な遊びです。