事前に知りたい屋形船の豆知識

車椅子で利用できる屋形船

車椅子で利用できる屋形船

車椅子で利用できる屋形船 車椅子で生活を送っている人も、公共機関を利用する際にはそれぞれの施設スタッフが手伝ってくれる、施設はバリアフリー構造になっているため利用しやすいなどの利点を持ちます。これは屋形船も同じで、船宿の中には車椅子のままで乗船出来る船を用意しているお店もあります。桟橋から船に乗り込む時には、普通ならば船首側を岸壁に接岸させて、お客さんが乗り込む時には船が移動しないようにロープを引っ張りながら乗船出来るようになっています。

しかし、歩けない人にとって、こうした乗船の仕方は出来ませんので、屋形船を楽しめないなどのイメージが出て来ます。船宿の桟橋がスロープ状になっていて、乗船時にはスロープの上を歩いて乗り込める、このような桟橋を持つ船宿の屋形船の場合は、車椅子に乗ったままで乗り込めます。また、スロープを移動する時には船宿のスタッフや船頭さんが手伝ってくれるため、安心して船を利用出来るメリットを持っています。

バリアフリー化が進んでいる屋形船もある

バリアフリー化が進んでいる屋形船もある 車いすの方の場合、屋形船に乗船することはできないと思っていませんか?ですが最近の船の中には、バリアフリーに力を入れているものも増えてきています。そのような屋形船に乗船することで、車いすの方でも楽しむことが可能です。対応していると言われても、サービス面では不都合な点が多いと考える方もいるかもしれません。しかしそのようなことはなく、車いすの方でも安心して利用できるようにさまざまな工夫が存在しています。

例えば車いすの方が屋形船に乗るときに気になるポイントの1つに、乗り降りの際の段差があげられます。バリアフリーに対応している屋形船なら、ほとんど段差がないように工夫しているので安心して乗り降りができます。また乗降時にはスタッフの方がフォローしてくれるので、車いすの方だけではなく足腰が不自由な方でも利用しやすいというのもポイントの1つです。不安な点がある場合には、前もって問い合わせを行ってどのようなサービスが受けられるのか確認しましょう。